point-1散歩とかウォーキングってどのくらい歩くのがいいのかなぁ

安定期に入ったら、体を動かして安定期に入ったら、散歩やウォーキングをして体を動かしましょう。

と言う言葉を良く聞くと思います。

どうして体を動かしたらいいのかと言うと、体重維持はもちろん出産には予想以上に体力を使うのでその体力づくりや安産の為にも運動をすることをすすめているんです。

「よーし。安定期に入ったしウォーキングをしようかな?」と考えている女性も多いと思いますが、どのくらい歩くのがいいのか...疑問に思いませんか?

大体2~3時間くらい歩くようにしましょう、と言われています。

2~3時間ってビックリですよね?

妊娠する前ですら、そのくらい歩いている事は少ない方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、お腹が大きい状態なので、歩く速度はゆっくりですし、お腹が張ったり疲れたりしたら休憩も取り入れるので、2~3時間ぶっ続けで歩くと言う事は無いでしょう。

ただ、初めから2~3時間歩くのは大変なので、まずは30分くらいから初めて徐々にウォーキングをする時間を増やしていくと、負担もかからずに出来ると思います。

必ず2~3時間歩かなくてはいけない訳ではないので、ウォーキングの他にも体操やストレッチを取り入れて、体を動かすようにしましょうね(*^_^*)


point-2家の中でも妊婦さんが出来る運動って何があるのかしら

家の中でも簡単に出来る運動「暑い夏は外に出るのも大変...」「雪が降る地域は足元が余りよくない冬に外へ出掛けるのも大変」「お散歩をしたくても出来るような環境じゃないのよねぇ...」なんて事、ありませんか?

特に妊婦さんは普段よりもシミが出来やすいので、夏の日焼け対策は必須ですし、朝晩の涼しい時間帯を狙ってウォーキングに出掛けるのも、大変な事です。

私が住んでいる地域は所謂豪雪地帯と言われる所で、冬に外へ出掛ける時は細心の注意を払ってました。

お散歩やウォーキングも大変で、積もった雪の上を歩くのも大変でしたが、何より怖いのは凍っている所を歩く時です。

さて、皆さんの中にも外に出てウォーキングをしたくても出来ない、近所は車の通りが激しくて危ない、と言う方も多いでしょう。

そんな時は家の中で簡単に出来る運動をしませんか?

運動と言っても激しいものではありません。

マタニティヨガやマタニティピラティスもありますが、手軽に出来るのはストレッチですね。

最近はレンタルDVDでもヨガやピラティスのDVDがありますし、マタニティ用のDVDも充実しています。

テレビで見ながら出来るので、特別教室に通わなくても出来ます。

外で体を動かすのが難しいようなら、家の中で出来る事を取り入れてみませんか?


point-3妊娠中に飲む薬には細心の注意!!

ちゃんと処方してもらった薬を飲んで妊娠中は普段よりも気をつけなくてはいけない事が沢山あります。

中でも特に気を付けたいのは「薬」です。

風邪薬や頭痛薬など普段から飲み慣れている薬でも、妊娠中は注意が必要です。

出来るだけ薬を飲まないようにして過ごしたいところですが、余りにも酷い場合は薬を飲んでもいいと思います。

ただこの時、産婦人科で処方してもらうようにしてください。

妊婦健診の時に体調が悪い所を伝え妊婦さんが飲んでも大丈夫なお薬を処方してもらいましょう。

「何時も飲んでる薬だから」「わざわざ産婦人科に行くのは面倒」

と思う事もありますが、自己判断で市販薬を飲む事は止めましょう。

また、内科にかかる場合も必ず「妊娠している」という事を伝えてください。

内科でも妊婦さんが飲んでも大丈夫なお薬を出してもらえる事があります。

特にインフルエンザが流行する時期は気を付けたい所なので、普段から手洗いやうがいはもちろん、インフルエンザや風邪が流行る時期にはマスクをするなどの予防策をとっておきましょう。

風邪などひいた時は出来るだけ自然治癒力で治したいところですが、余りにも症状が酷い場合はお薬に頼ってもいいと思います。

当たり前の事ですが、お薬を飲む時は飲む量、飲むタイミングを必ず守ってくださいね。


TOPPAGE  TOP