解説高齢出産の高齢っていくつからなの?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

少しずつ体力を付けて高齢出産って聞くけど、高齢っていくつからなの?と疑問に思う事もありますよね。

もしかしたら私も高齢出産に入るのかしら...と心配になる女性も多いでしょう。

そこで高齢出産と呼ばれる年齢についてお話しましょう。

さて、高齢出産と呼ばれるようになる年齢ですが35歳以上で初産の場合を高齢出産と言うそうです。

最近は働く女性も増え、結婚も遅くなりがちです。

結婚する時期が遅くなれば、その分出産する時期も遅くなるのは仕方がない事です。

高齢出産と聞くと、危険性が伴う出産と思われがちですが、まずは正しい知識を身につける事が大切です。

医療技術も発達しているので、高齢出産だからといって必ずリスクが高くなるという訳ではありませんが、流石に20代前半の女性が出産するのとは体力的に問題があります。

通勤に車や電車を使っていると、ちょっと動いただけでも疲れを感じる事がありますが、出産には予想以上の体力を使います。

もしも高齢出産に当てはまるようであれば、ちょっとした事から体を動かして少しずつ体力を付けるようにするといいでしょう。

例えば、エレベーターやエスカレーターを使っていたのを止めて階段を使う、歩ける距離であれば、バスや電車は使わない、など出来る事から始めてみませんか?

もちろん、妊娠中は疲れやすいですし、体調が悪くなる事もあります。

まずは無理をせずにすごしながら、出来る事を始めましょう。



関連記事


TOPPAGE  TOP