解説自転車やバイクの運転は控えて

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

乗るときには最新の注意を出産ギリギリまで仕事を続けようと思っている妊婦さんも多いでしょう。

私も長男を妊娠中、8カ月まで仕事をしていました。

座り仕事だったので、体力的に辛かった事は無かったのですが、立ち仕事や力仕事は注意が必要です。

それと同じように、仕事をする上で「通勤」する時に、注意しなくてはいけません。

バスや電車などの公共の乗り物を使う時、つわりの時期はつわり対策が必要ですし、ラッシュ時間は避けるようにして、出社する時間をずらしてもらう必要も出てきます。

通勤に自転車やバイクを使っている方は、運転を控えるようにしてください。

「お腹が大きくなったらやめるわ」という方もいらっしゃると思いますが、自転車やバイクを運転中に横転してしまったら大変です。

振動が体に良くない、とおっしゃる方も居ますが、私は振動よりも万が一の方が怖くて自転車やバイクには乗れませんでした。

流石に車は臨月になるまで運転してました。

車が無いとどこにも行けないような田舎なので...

ただ、妊婦さんは判断力が鈍るとも言われているので、出来るなら公共の乗り物や家族が運転する車を利用するようにしましょう。

どうしても自転車やバイクに乗らなくてはダメ、という方はお医者さんとよく相談をして、無理のないようにしてください。
少しでもお腹の張りや痛みが出たら、直ぐに降りてくださいね。



関連記事


TOPPAGE  TOP