解説妊娠すると歯がボロボロになるって聞くけど、本当なの?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

こまめに歯磨きをして予防しよう「妊娠するとお母さんは歯がボロボロになる」という事を聞いたことはありませんか?

実際私もそう思っていましたが、実は違うんです。

ここで正しい知識を身につけて、健康な歯を保てるようにしましょうね。

でもどうして「歯がボロボロになる」と言われているのでしょうか?

それはきっと赤ちゃんがお母さんから栄養をもらっているので、お母さんからカルシウムを貰っているから...だと思うのですが、お母さんの歯がボロボロになるくらいの栄養をもらっている訳ではありません。

ただ、確かに妊娠中の女性の歯は虫歯になりやすいので、その事から「歯がボロボロになる」と、言われているのではないでしょうか?

さて、妊娠中の女性の口の中ですが、実は唾液の成分も妊娠前を変わっていて、体の免疫力が低下しているのと同時に虫歯菌に対する抵抗力も下がっているんです。

つまり普段よりも虫歯になりやすい状況だと言う事です。

さらにつわりで歯磨きがちゃんと出来なかったり、量を減らしてこまめに食べたりする事で、妊娠前よりも虫歯になりやすい環境になっているんです。

歯がボロボロになるのは赤ちゃんのせいではなく、お母さんの口の中の環境が変わってしまうからです。

環境が変わってしまう事は仕方のない事なので、こまめに歯磨きをしたり、歯医者さんで定期健診を受けるようにしましょう。



関連記事


TOPPAGE  TOP