解説妊娠前の体型によって、妊娠中の体重増加も違ってきます

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

増えすぎには注意して妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、糖尿病や高血圧などになってしまったり、難産になってしまう可能性がグンっと高くなります。

なので、「体重管理はキチンとしましょう」とよく言われていますが、妊娠前の体型によって、これくらい増えてもOKという基準になる数値が違ってきます。

そこで今回は妊娠前の体型での体重増加について、少しお話しておきますね(*^_^*)

妊娠前の体重が標準な方の場合、プラス約8キロ。

肥満気味の方は約6キロ、痩せ気味の方は約9キロくらいが目安です。

個人的にはプラス10キロ未満で抑えられれば、良いと思うのですが、細かい数値が気になるようなら、計算で体重の目安を出す事も出来ます。

BMIを出す事で肥満気味なのかどうかが分かります。

体重÷身長×身長=BMIになり、20未満の方は痩せすぎ、20~24は標準、24~26.4未満が太り気味、26.4以上になると肥満と言われています。

この数字を目安に体重が増えすぎないように管理するといいでしょう。

もしも妊娠前の体重が太り気味、肥満だと分かったら、コレを機会に食生活等を見直すのも良い機会です。

つわりが治まると食欲も出てくるのでついつい食べ過ぎてしまいますが、体重が増えすぎてしまうと産後元に戻すのも大変です。

ダイエットとまでは言いませんが、体重が増えすぎないように注意しましょうね。



関連記事


TOPPAGE  TOP