解説腰痛にならないために気を付ける事

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

酷くならないように気を付けて妊婦さんに腰痛はつき物、と言われるほど、お腹が大きくなってくると腰に負担がかかってきます。

私も腰痛で悩まされましたが、腰痛にならないように気を付けておいた方がよい事をお話してきましょう。

もちろん、腰痛が出始めてしまったから手遅れ...と言う事はありません。

腰痛の痛みを緩和させる方法もあるので、参考にしてみてください。

腰痛ですが、大きくなったお腹を支えるようにして、後ろに反りかえるような姿勢で歩く事で痛くなってくる事があります。

また、体重を増え、それを支えようとする事で腰に負担がかかってきます。

姿勢に関しては、自分で気を付けるようにするといいのですが、妊娠すると出産に向けて少しずつ骨盤が緩んできますが、それと同時に腰が痛くなってくる事があります。

腰痛が酷くなってくると歩くのも大変になったり、出産する時に影響してしまう事があります。

妊娠する事で骨盤が緩んでくるのは仕方のない事なので、出来るだけ腰痛が酷くならないように心がけましょう。

腰痛を予防する方法ですが、負担のない範囲で運動をすることが大切です。

ウォーキングでも良いので、家の中でジーッとしていないで、適度に体を動かしましょう。

そして妊婦さん用のコルセット等を使うのもおすすめ。

腰痛対策で有名なトコちゃんベルトは産婦人科でも取り扱ってる場合があります。

気になるようなら産婦人科で聞いてみるといいですよ(*^_^*)



関連記事


TOPPAGE  TOP