ポイント解説気になる病気

point-1恥骨・股関節が痛くて動けない!?

お腹が大きくなってくると、色々な所に負担がかかってきます。 腰が痛くなる人は沢山いますが、同じように恥骨や股関節が痛くなる人も沢山います。 私も中期から腰痛と恥骨通に悩まされました。 特に足の付け根の部分が痛く、歩くのも大変で、痛みを感じる方をかばって歩いていたら逆の足も痛みを感じるようになってしまって...余りにも痛かったので産婦人科の先生に相談したら、「出産したら治りますよ」と一言。 出産で足... 続きを読む …

point-2C型肝炎の検査を受けたらプラスと診断、赤ちゃんに影響は?

妊娠初期で行われる血液検査で、C型肝炎の検査をする病院は増えています。 それは出産時に対応したり、健診の時に2次感染を防ぐ意味があるのですが、もしもこの検査でプラスと診断されたら、何か影響が出てくるのでしょうか? C型肝炎の他に有名なのがB型肝炎ですが、C型肝炎とB型肝炎を比べるとC型肝炎の方が感染力が弱いので赤ちゃんへ感染するかもしれないいう心配はありません。。 C型肝炎は母子感染率が低いので、... 続きを読む …

point-3虫歯を放っておくのは危険です!!

もしかして「虫歯」を放っておいてはいませんか? 妊娠中に治療するのは良くないって聞いたから... 虫歯はあるけど痛くないから... 歯医者さんって昔から嫌いなのよ... と、放っておいては大変な事になってしまいます。 つわりも治まって安定期に入ったら、一度歯科検診を受けてください。 「たかが虫歯じゃない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、稀に歯周病菌の一種が血管内に入ってしまうと早産になって... 続きを読む …

point-4坐骨神経痛ってどんな症状が出るの?

だんだんお腹が大きくなってくると、大きくなったお腹をかばうように猫背になったり、必要以上に背を反らせてしまう事があります。 私も腰が痛くて大変な時期がありましたが、ただ腰が痛いだけ、一般的な腰痛よね、と思って何も対処をしないでいると、どんどん酷くなってしまいます。 坐骨神経痛になっている可能性もあるので、腰が痛くなってきたら、まずは産婦人科の先生に相談してください。 もしも妊婦ガードルを使っていな... 続きを読む …

point-5妊娠中毒症の危険性

母子手帳の後半に「妊娠中毒症」という文字が載っているのを知ってますか? 母子手帳を交付してもらったら一通り目を通すと思いますが、妊娠中毒症とは一体どんなものなのでしょうか。 妊娠中毒症ですが、妊娠後期に出てきやすい症状です。 妊婦健診で毎回尿検査や浮腫みの検査、血圧測定をするかと思いますが、尿タンパク・浮腫み・高血圧の3つの症状のうち、2つ当てはまるものがあると、妊娠中毒症の可能性が出てきます。 ... 続きを読む …

point-6妊娠性糖尿病と診断、無事に出産する事は出来るの?

もしも妊婦健診で「妊娠性糖尿病ですね」と診断されてしまったら...不安でたまらないでしょう。 もちろんその時には先生からお話があるかと思いますが、まずは妊娠性糖尿病の事についてお話しておきましょう。 妊娠性糖尿病ですが、名前の通り妊娠しているために血糖値が高くなってしまった状態の事を言います。 その血糖値が高いままだと赤ちゃんが大きくなりすぎてしまったり、産後お母さんが糖尿病になってしまう事がある... 続きを読む …

point-7カンジタ膣炎って怖い病気なの?

「カンジタ膣炎」って聞いた事ありますか? 今初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、比較的妊婦さんがかかりやすい病気なので、少しお話しておきましょう。 まずカンジタ膣炎ですが、カンジタ菌と呼ばれる細菌が異常繁殖する事で起きる病気です。 それならカンジタ菌に感染しなければいいのよね、と思うかもしれませんが、実はこのカンジタ菌、誰もが持っている細菌なんです。 普段はカンジタ膣炎にならないように、... 続きを読む …

TOPPAGE  TOP