解説妊娠中毒症の危険性

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

もしかしたら頭痛は中毒症の合図かも母子手帳の後半に「妊娠中毒症」という文字が載っているのを知ってますか?

母子手帳を交付してもらったら一通り目を通すと思いますが、妊娠中毒症とは一体どんなものなのでしょうか。

妊娠中毒症ですが、妊娠後期に出てきやすい症状です。

妊婦健診で毎回尿検査や浮腫みの検査、血圧測定をするかと思いますが、尿タンパク・浮腫み・高血圧の3つの症状のうち、2つ当てはまるものがあると、妊娠中毒症の可能性が出てきます。

私の場合ですが、一人目の時は何も問題無かったのですが、二人目の時は高血圧で、横になって安静にしてから再度血圧を測ると言う事を毎回してました(^_^;)

幸い妊娠中毒症にはならずにすみましたが、妊娠中毒症にかかってしまうと沢山の危険性が指摘されています。

軽いうちであれば余り問題はないのですが、悪化してしまうと赤ちゃんに影響が出てきます。

赤ちゃんへ栄養や酸素が十分に行かず、未熟児として生まれてくる可能性があります。

妊娠中毒症の症状としては、めまいや浮腫み、頭痛や急激な体重増加があげられています。

寝起きなのに手や顔が浮腫んでいる、体重管理をしているのに1週間で500グラム以上も増えてる、と言う時は注意が必要です。

頭痛やめまいは貧血やつわりの症状にもありますが、症状が軽いからといって無視をせず、お医者さんに相談してくださいね。

TOPPAGE  TOP