解説C型肝炎の検査を受けたらプラスと診断、赤ちゃんに影響は?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

母子感染する可能性はとても低いです妊娠初期で行われる血液検査で、C型肝炎の検査をする病院は増えています。

それは出産時に対応したり、健診の時に2次感染を防ぐ意味があるのですが、もしもこの検査でプラスと診断されたら、何か影響が出てくるのでしょうか?

C型肝炎の他に有名なのがB型肝炎ですが、C型肝炎とB型肝炎を比べるとC型肝炎の方が感染力が弱いので赤ちゃんへ感染するかもしれないいう心配はありません。。

C型肝炎は母子感染率が低いので、自分のせいで赤ちゃんがC型肝炎に感染するかもしれない...と神経質にならなくても大丈夫ですよ。

ただ授乳に関しては小児科の先生によっては意見が分かれているので、もしもC型肝炎に感染していて授乳はどうしたらいいのか悩む場合は先生とよく相談をしてください。

ここで気になるのは自然分娩が出来るかどうかでしょう。

万が一、出産の時に赤ちゃんに感染してしまったら...と言う事を考えると、帝王切開の方が安全かもしれないと思うかもしれませんが、シッカリと精密検査をして問題がなければ自然分娩で出産する事が出来ます。

不安に思う事も沢山あるかと思いますが、あまり不安がらないでください。

妊娠中もC型肝炎に感染していない方と同じように過ごせるので、「自分はC型肝炎だから...」とビクビクしなくて大丈夫ですよ。

TOPPAGE  TOP