解説子宮筋腫って怖い病気なの?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

子宮筋腫が見つかったら、お医者さんと経過を見守って妊娠が分かったと同時に、子宮筋腫が見つかった、という女性も多いのではないでしょうか?

私は子宮筋腫では無かったのですが、子宮頚がんの検査で要観察と診断された事があります。

子宮筋腫は女性特有の病気なので、妊娠を機会にどんな病気なのか知っておきましょう。

さて子宮筋腫ですが、その名の通り子宮の中に出来る腫瘍です。

「腫瘍」と聞くと余り良いイメージは無いかもしれませんが、子宮筋腫は良性の腫瘍なので、他の部分に転移する事は無いんです。

また治療方法も様々で、筋腫が出来る場所によって違ってきます。

妊娠をきっかけに子宮筋腫がある事が分かった方は、お医者さんと相談しながら様子を見る事になります。

大体ですが、お腹が大きくなるにつれて子宮筋腫も大きくなるようですね。

これは女性ホルモンの影響を受けるからなのですが、子宮筋腫の場所や大きさ、赤ちゃんがどれだけ下がってきているかによって、普通分娩が帝王切開に切り替わる事もあります。

子宮筋腫がある女性は帝王切開になる確率も高くなります。

このような話を聞くと子宮筋腫=怖い病気と感じるかもしれませんが、子宮筋腫は10人中2~4人は持っている病気と言われるほど沢山の女性の方が持っている病気です。

余り怖がらずに経過を見守りましょう。

TOPPAGE  TOP